アクセス解析 1日わずか10分でデッサン力を身につけるビジネスデッサン&スケッチ術

   

絵を描くのが苦手な方は、 「美術的センスがないと絵は描けない」 と思い込んでいる方が多いのですが 「描くチカラ」という能力は、 誰でも身につけることができます。

例えば、ある程度、字が書けるようになるのに、センスが必要だと思いますか?

書き順や書き方をしっかりと習得すれば、字は書けるようになります。

絵を描くこともまったく同じなのです。

モチーフが違うと、描き方が違う、どう描けばいいのかわからないと
思われがちですが、 どんなモチーフであっても、「描き方」は全て同じなのです。

   


はじめまして、
ギャラリーピリカ&アートスクールの代表 松原美那子と申します


私は、10年以上にわたり、絵画、造形教室やワークショップを中心にデッサンの指導や美術教育に携わる活動を行ってきました。

メディア掲載実績

スマップの中居正広さんのミになる図書館
「美デッサン大辞典」にデッサンインストラクターとして出演しています。





主な経歴

2000年 武蔵野美術大学卒業  中学高等学校美術工芸教員免許取得し、
ギャラリーピリカ&アートスクールを設立。
東京都府中市にあるギャラリーピリカ&アートスクールのホームページはこちら。

海外交流展を通し、アートと社会を繋ぐ活動が注目され、
朝日新聞、JCOM等から取材を受ける。


2007年 外資系大手IT企業の社員研修に携わる。
「イメージを表現する」、「絵で目標を描く」などの 社員トレーニングに関わる。

2008年  創作活動を再開、美術館での日本画講師・デッサン講師も努める。

2010年 様々な業種のクリエイターのデッサン力向上と交流を 目的とし、
SNSを活用したクリエイター向けのデッサン教室を立ち上げる。
クリエイター向けデッサン教室は、毎回、満員御礼となる。 現在も不定期で開催中。

   

デッサンの話なのに、「右脳」という言葉がでてきて、
びっくりされた方も多いと思います。

ここ最近では、 任天堂のDSでも右脳を活性化するゲームが沢山でており、 右脳を鍛えることは、 能力を上げる事に繋がるということは、 世の中に認知されていると思います。

しかしながら、不思議な事に、 絵を描く上でも「右脳が重要である」ということは、 あまり知られていません。

実は、「右脳」と「描くチカラ」は、とても大事な関係があるのです。

人の脳には左脳と右脳があるということはご存じだと思います。
一般的に「左脳」は、話す、書く、聞くなどを判断し、 数学の計算や論理的に考えたりする役割を担います。

そして、「右脳」はものごとを直感的にとらえると言われていて、 図形認知、音楽、ひらめきや発明する能力と関係がある 芸術脳(絵を描く脳)と言われています。

アインシュタイン、レオナルド・ダ・ビンチ、モーツァルト、

他にも・・・アイザック・ニュートン、チャールズ・ダーウィン、 トーマス・エジソン、
ビル・ゲイツ、バッハ、 ベートーベンなど

彼ら、偉大な芸術家、発明家に共通しているのは・・・
「左利き」で、右脳の能力がずば抜けていたということです。

1970年には、ベティ・エドワードという方が、 左脳と右脳の機能分担を表現の世界に応用し、
「言語による左脳の作用を抑制しつつ、 右脳で絵を描けばだれでも描ける」 ということを提唱し、大きな反響を呼びました。

このように、実は、「描く」ということは、 右脳の働きが大きく影響しているため、 右脳の視覚的な感覚思考を刺激することが、イメージ力、絵を描くチカラがアップすることに繋がるのです。

ですが、残念なことに・・・ 現代社会は、論理的、暗記、計算など、 意識をしなくても、左脳を活性化させることは沢山ありますが、右脳を活性化させることはあまりありません。

右脳を活性化するには、意識して行う必要があります。

私は、「描くチカラ」を身につけるには、 左脳と右脳を両方鍛えるべきだと考えていますので、 このビジネスデッサン&スケッチ術では、「日常生活で簡単に出来る右脳トレーニング」も取り入れています。

のトレーニングにより、右脳を活性化させ、 描く技術の他に、 創造力、ひらめきなど、 総合的なチカラを身につけ、磨いて行くことに 繋げていくことができます。

   

「ビジネスデッサン&スケッチ術」は、”自宅で学べるだけの通信教材”ではありません。

本当に描く力を身につける事ができるように構成されているのが”人気のヒミツ”です。


より詳しいトレーニング方法はこちらをご覧ください。


   

「描く力」を身につけるのに、 一番の近道は、アドバイスを受ける事ですが、
「ビジネスデッサン&スケッチ術」は、自宅で、ここまで詳細な添削アドバイスを
受けることができます。

この添削アドバイスを受けることにより、 次にやることが明確になり、 上達するスピードが速くなります。 初心者の方でも、添削サポートをお使い頂く事で毎回みるみる上達されて行きます


実際に添削アドバイスを受けられた受講生の喜びの声をご覧ください。


   


デッサン力というのは、あくまでも基本ですので、
多くの方は「理想の絵が描けるようになるために」 デッサン力を身につけたいのだと思います。

「水彩画がうまく描けるようになりたい・・・」
「漫画がうまく描けるようになりたい・・・」


という声にお応えして、デッサン、スケッチだけではなく、
水彩画、漫画の添削アドバイスも受けることが出来ます。


   

私、松原美那子を始め、経験豊富なデッサンを得意とする講師陣が、 丁寧な添削アドバイスで、あなたのデッサン力上達のお手伝いをさせていただきます。


イラストレーター 田中玄華
得意タッチは、セクシークール美女系、かわいい女の子系、RPG風、かわいいほのぼの動物系キャラクター、激しい動きのある構図の アクションシーンを主に得意としております。
アナログでは、水彩を得意としており、イラスト・漫画、水彩、デッサンが主な分野です。


デザイナー 佐藤静代
静物画、人物画、風景画など、リアルなタッチを得意としています。
書籍、雑誌等のイラスト・図版 ・カバーデザイン等の作成をしており、
アナログ的、デジタル的、可愛い・シンプル・リアルなものを描き分けることができます。


パースデザイナー YAMADA
青山製図専門学校 製図科・パース科卒業 
東京デザイン専門学校 イラストレーター科卒業 
デザイン事務所にてパース制作 (水彩筆塗り・スケッチ・3DCG)、 及びDTP業務等を20余年経験 建築・鳥瞰・インテリアパース、静物画、風景画、地図デザイン、広告DTP などが主な分野です。
絵画修復師・日本画家 R.FUJITA
玉川大学芸術学部ビジュアルアーツ学科卒業 日本画専攻
イギリス ロンドンにて西洋絵画の基礎を修学
某専門学校 絵画修復科卒業
静物画、パース、人物、動植物、写実的なデッサンが主な得意分野です。


日本画・水彩画家 KATO
某美術大学では日本画を選考。植物や動物、静物画など繊細なタッチのデッサン、スケッチが得意です。

   

課題に指定したモチーフを描いて頂き、その作品に対して、「形を取る力」、「陰影表現力」、「描写力」などの各項目ごとに点数をつけ、あなたの画力をグラフで表示いたします。

このビジネスデッサン技能検定を受けることにより、
あなたの画力は、どの部分が得意なのか不得意なのか明確になります。

そして、得意な部分はより伸ばせるように、
また不得意な部分は意識的にトレーニングを取り入れていただくことで、
より効率的に上達することが可能となります。


   

絵を描いていて、「どこか違うな?」と感じていても、どこを修正すれば良くなるのか?
ということは、なかなか自分で気付くことはできません。

客観的に作品を見るコツを掴んで、ほんの少し修正するだけで、
作品は見違えるようになるのです。

   


美大受験、Webデザイナーから80歳以上のご年配の方まで
300通以上、毎日届く受講生から喜びのメールをご覧ください。


■最初の期待値はそんなに高くなかったのですが、
決済してすぐに教材で大満足しました。



■”見る” から ”観る”に変わって来たのも有難い変化です。



■少しずつリアリティのある絵が描けるようになってきた。
絵を描く上で右脳の働きが重要だと初めて知った。



■今までは全く意識してなかったトレーニング方法が多くてビックリ。



■絵を描くのはあまり好きではなかったのですが、
取り組みだすと熱中するようになりました。




■思ったよりも先生の添削が丁寧で感激した。


■楽しみながらやっています。購入してとても良かったです。


■「わかった」と思える瞬間がある。


■システムとしてはベストな選択をしたと思えました。


■アドバイスが丁寧で、すごく勉強になります。


■描く楽しみを感じることができます。

 

体験談の続きはこちらをご覧ください。

 

   

あなたは、このように思われたことは無いでしょうか?

 打ち合わせの際に、相手に分かりやすく図が描けない
 クライアントの前でスラスラと
絵コンテが描けない
 正確なサムネイルや
ラフが描けない
 構成や形、イメージを形にするのに無駄に
時間がかかる
 3DCGを作成する際に、
頭の中で光、陰影をつけられない
 周囲の描ける人のデッサンをみて、
コンプレックスに思っている
 デッサンは
描けてあたりまえ、今更聞けない
 写真の
レタッチが苦手
 大きさや配置などの
バランス感覚が取れない
 
芸術的センスを養わないとデッサンは上手くなれないと思っている。
 効率よく上達するためには
デッサン教室に通うのが最も良いと思っている。
 とにかく何枚も描いて、描いて
描きまくれば上達できると思っている。
 
時間をかければなんとかなると思っている。
 デッサンの
本を読んで勉強すれば上達できると思っている。 


もしかしたら、あなたは、 「絵が描けるようになったらいいな」 と思ったことはないでしょうか?スラスラと描ける人をみて、
憧れを抱いていたことはないでしょうか?

また、「昔から絵を描くのが苦手なんだよな」
思い込んでいたのではないでしょうか?

絵が描けるようになれたらいいけど・・・

毎日、忙しいから・・・
わざわざデッサン教室に通ってまで・・・
何時間も絵を描く練習をする時間なんて無いから・・・

あなたもそう思って諦めてはいないでしょうか?
わずか5分で良いので、 ぜひ、この先を読んでみてください。

わずか1日10分で あなたの描くチカラが劇的に上達し、描くことが楽しくなる

その答えをきっと見つけることでしょう。