■ワークショップ
ギャラリーピリカでは、生活のなかに、あらゆる人々が出会う場としてワークショップをひらいていきたいと考えています。
年齢や職業を越えてそこに関わる ことで、新しい何かを発見するという経験そのものが、学ぶことへとつながっていくと思うからです。
お互いを認め合い、自発的に学ぶ場とし て、地域の中に広くワークショップの場を成立させていくことが理想だと考えています。
単独での企画だけでなく、アーティストの持ち込み企画、コラボレーション企画など、さまざまな形態で開催しています。
会場も、ギャラリースペースだけでなく、街の商業施設や、飲食店の壁面などを活用させて頂き、展開しすることが可能です。 屋外でのイベントにも参加させて頂いています。
ワークショップを開催したい方は、メールフォームよりお問合わせください。

<過去に開催したワークショップ>


■「アーティストの作品を、街に広げよう!」

   

アーティストの作品を、街に広げよう!と、一般の方々からサポーターも募集し、美術館やギャラリーだけでなく、街の商業施設の広場でも開催しました。 アーティストと市民と美術館が連携する展覧会の 会期中に同時開催されたワークショップ。

 [主催] TACネットワーク
 [後援] 東京都・府中市教育委員会・朝日新聞・産経新聞多摩支局・東京新聞
    読売新聞・(株)ジェイコム東京
 [協力] 府中市美術館 /すべての市民のための美術推進委員会
    社会福祉法人 府中市社会福祉協議会点訳ボランティアグループ [助成] 多摩交流センター
 [協力] ギャラリーPirka (ピリカ)Pirka Art Project

 

■「あっち、こっち、アーチすと」

   

小学校の図画工作の先生方が開催する夏休みイベント。 広い公園で、木材を組み立てアーチを作って行くワークショップ。当日もアシスタントとしてサポートさせて頂きました。
 [主催]府中市立小中学校教育研究会図工美術部、府中市美術館


■「アートで地域の輪をつくろう!」

 


地域のお祭りに合わせて、開催された企画。 丸く切り抜いたフエルトを連結していって、いろいろな形を創り出してゆく。
出来上がった作品は、ワークショップ終了後に、地域のお店で展示して頂いた。ワークショップの際に、展示店舗の紹介をすることで、 後日足を運んでもらえるように地域活性化を目的とした企画。

[主催] Gallery Pirka


■「みんなで壁に絵を描こう!」

 

大手建設会社様のご協力のもと、建設現場の真っ白な大きな壁面に参加者みんなで絵を描きました。 ルールを決めて描き進めて行くことで、絵が苦手な方にも参加しやすいようにしました。
ワークショップ開催後も、2カ月ほどその場で展示して頂きました。

 [主催] Gallery Pirka

■「光と影のワークショップ」

  

天井から吊り下げた布に、参加者がひとつひとつ感じるままに「穴」をあけて行くワークショップ。
「穴」が積み重なって行くごとに、隙間から見える光と影の形が、どんどん変化して行く。

 [主催] Gallery Pirka

■「写したいを撮る」

 


街の中の写真を撮ろう! 同じ道を歩いても、こんなに見ているものが違うって面白〜い。
カメラマンとのコラボレーションイベント

 [主催] Gallery Pirka


■「日本画を描いてみよう!」

 

日本画という名前がついていながら、あまり身近に出会えないない素材が沢山。
麻紙に筆、膠、岩絵の具、箔といった画材を使いながら、実際に日本画を描いてみよう。
 [主催] Gallery Pirka