ビジネスデッサン

絵を描くのが苦手な方は、 「美術的センスがないと絵は描けない」 と思い込んでいる方が多いのですが 「描くチカラ」という能力は、 誰でも身につけることができます。

例えば、ある程度、字が書けるようになるのに、センスが必要だと思いますか?

書き順や書き方をしっかりと習得すれば、字は書けるようになります。

絵を描くこともまったく同じなのです。

モチーフが違うと、描き方が違う、どう描けばいいのかわからないと思われがちですが、 どんなモチーフであっても、「描き方」は全て同じなのです。

松原美那子のピリカアートスクール

松原美那子のピリカアートスクール

右脳トレーニングで上達された受講生の声をご覧ください


”見る” から ”観る”に変わって来たのも有難い変化です。

●受講した理由
趣味の陶磁器絵付でフリーハンドで描く時にデッサン力不足を痛感し、勉強したく思いました。

●他に検討した教材
〇ーキャンのデッサン講座

●ご購入の目的
人物、風景、動物、花、果物、野菜

●教材を使ってみての感想
描く速度、形の取り方、正確さ、表現力etc.
毎日訓練することで徐々に描く力が身についてきているような気がします。

今迄漠然と見ていた周りのあらゆる物、例えば人の顔なども無意識に右脳で輪郭をなぞっています。

また“見る”から“観る”に変わってきたのも有難い変化です。

埼玉県 50代女性 主婦

 

今までは全く意識してなかったトレーニング方法が多くてビックリ

●受講した理由
趣味で描いていた絵が、もっと上手くなりたいけど、ただ描いてるだけじゃ、これ以上はもう無理そうだと思えてきた時期に、この教材を知り、購入に至りました

●他に検討した教材
近くのデッサン教室

●ご購入の目的
イラスト等のデフォルメ絵でも、基本になるのは正しいデッサンなので、その元となるデッサン、スケッチの上達のために購入しました

●教材を使ってみての感想
今までは全く意識してなかったトレーニング方法が多くてビックリ。

時間もホームページに書いてあった様に10分、それも自分の都合のいいときに出来るものが多く、毎日続けられます

教材を使い始めて3週間目経ちましたが、毎日楽しく描いています。

岐阜県 20代男性 フリーター

ピリカアートスクール

プロフィール

はじめまして、ピリカアートスクールの代表 松原美那子と申します。

私は、15年以上にわたり、絵画、造形教室やワークショップを中心にデッサンの指導や美術教育に携わる活動を行っています。

オンラインデッサンスクールにて、日本全国、海外を含め、述べ8000人以上の受講生にデッサンを指導しています。

メディア掲載実績

ビジネスデッサンビジネスデッサンビジネスデッサン

主な経歴

2000年 武蔵野美術大学卒業  中学高等学校美術工芸教員免許取得し、ギャラリーピリカ&アートスクールを設立。海外交流展を通し、アートと社会を繋ぐ活動が注目され、朝日新聞、JCOM等から取材を受ける。

2007年 外資系大手IT企業の社員研修に携わる。「イメージを表現する」、「絵で目標を描く」などの 社員トレーニングに関わる。

2008年  創作活動を再開、美術館での日本画講師・デッサン講師も努める。

2010年 様々な業種のクリエイターのデッサン力向上と交流を 目的とし、SNSを活用したクリエイター向けのデッサン教室を立ち上げる。
クリエイター向けデッサン教室は、毎回、満員御礼となる。 現在も不定期で開催中。

2010年 インターネット上でデッサンを学ぶことができ、添削アドバイスを受講できる「ビジネスデッサン&スケッチ術」を販売開始。

ビジネスデッサン

右脳を使ってデッサン力を身につける

ビジネスデッサン


デッサンの話なのに、「右脳」
という言葉がでてきて、びっくりされた方も多いと思います。

ここ最近では、 任天堂のDSでも右脳を活性化するゲームが沢山でており、 右脳を鍛えることは、 能力を上げる事に繋がるということは、 世の中に認知されていると思います。 

しかしながら、不思議な事に、 絵を描く上でも「右脳が重要である」ということは、 あまり知られていません。

実は、「右脳」と「描くチカラ」は、とても大事な関係があるのです。 

人の脳には左脳と右脳があるということはご存じだと思います。
一般的に「左脳」は、話す、書く、聞くなどを判断し、 数学の計算や論理的に考えたりする役割を担います。

そして、「右脳」はものごとを直感的にとらえると言われていて、 図形認知、音楽、ひらめきや発明する能力と関係がある 芸術脳(絵を描く脳)と言われています。 

アインシュタイン、レオナルド・ダ・ビンチ、モーツァルト、

ビジネスデッサン

他にも・・・アイザック・ニュートン、チャールズ・ダーウィン、 トーマス・エジソン、 ビル・ゲイツ、バッハ、 ベートーベンなど 

彼ら、偉大な芸術家、発明家に共通しているのは・・・

「左利き」で、右脳の能力がずば抜けていたということです。

1970年には、ベティ・エドワードという方が、 左脳と右脳の機能分担を表現の世界に応用し、「言語による左脳の作用を抑制しつつ、 右脳で絵を描けばだれでも描ける」 ということを提唱し、大きな反響を呼びました。

このように、実は、「描く」ということは、 右脳の働きが大きく影響しているため、 右脳の視覚的な感覚思考を刺激することが、イメージ力、絵を描くチカラがアップすることに繋がるのです。 

ですが、残念なことに・・・ 現代社会は、論理的、暗記、計算など、 意識をしなくても、左脳を活性化させることは沢山ありますが、右脳を活性化させることはあまりありません。

右脳を活性化するには、意識して行う必要があります。

私は、「描くチカラ」を身につけるには、 左脳と右脳を両方鍛えるべきだと考えていますので、 このビジネスデッサン&スケッチ術では、「日常生活で簡単に出来る右脳トレーニング」も取り入れています。

のトレーニングにより、右脳を活性化させ、 描く技術の他に、 創造力、ひらめきなど、 総合的なチカラを身につけ、磨いて行くことに 繋げていくことができます。

バラエティ豊かなデッサン講師陣

ビジネスデッサン

私、松原美那子を始め、経験豊富なデッサンを得意とする講師陣が、 丁寧な添削アドバイスで、あなたのデッサン力上達のお手伝いをさせていただきます。

ピリカアートスクール講師
デッサン講師 小椋芳子 
いちばんていねいな、基本のデッサン (オールカラーでわかりやすい)を出版。
イラストレーター兼アートディレクター、専門学校HALでキャラクター講師、イラスト講師。
キャラクターデザイナー、ゲーム企画、キャラクター制作、衣装制作、ロゴ制作、カードデザイン・ポスターデザイン。
キャラクターを配置したカードデザインを多数制作

ビジネスデッサン
デザイナー 佐藤静代
静物画、人物画、風景画など、リアルなタッチを得意としています。
書籍、雑誌等のイラスト・図版 ・カバーデザイン等の作成をしており、アナログ的、デジタル的、可愛い・シンプル・リアルなものを描き分けることができます。

ビジネスデッサン
パースデザイナー YAMADA
青山製図専門学校 製図科・パース科卒業
東京デザイン専門学校 イラストレーター科卒業
デザイン事務所にてパース制作 (水彩筆塗り・スケッチ・3DCG)、 及びDTP業務等を20余年経験 建築・鳥瞰・インテリアパース、静物画、風景画、地図デザイン、広告DTP などが主な分野です。

ビジネスデッサン
絵画修復師・日本画家 R.FUJITA
玉川大学芸術学部ビジュアルアーツ学科卒業 日本画専攻
イギリス ロンドンにて西洋絵画の基礎を修学
某専門学校 絵画修復科卒業
静物画、パース、人物、動植物、写実的なデッサンが主な得意分野です。

ピリカアートスクール講師
ゲームグラフィックデザイナー 高尾
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業 大手ゲーム会社2社を経て独立。
フリーランスで20数タイトルのコンシューマーゲームにグラフィッカー・アートディレクターとして参加。
現在は、スマホのカジュアルゲーム、アプリのデザイン(キャラクター、UI)などを中心に、webデザイン、グラフィックデザインの仕事をしてます。

ピリカアートスクール講師
アートデザイナー 矢野
多摩美術大学 絵画科 油画専攻卒業 
多摩美術大学院 版画科卒業 
石膏又は静物のデッサン、人物や静物の油又はアクリル画、 水彩画、デザインパース、写真、版画などが得意です。

デザイナー / イラストレーター 平田 裕和

書籍やマニュアル書など印刷物のデザイン及びテクニカルイラスト、実用書、専門書、週刊誌の図版を中心に制作。線画、水彩画、パステル画、色鉛筆画などリアルなイラストを得意としております。
「SBクリエイティブ サイエンス・アイ新書 / 身近な雑草のふしぎ / 誰かに話したくなる雑草のふしぎ」など。

ピリカアートスクール講師
グラフィックデザイナー、バッグデザイナー 安井直美
多摩美術大学 グラフィックデザイン学科卒業 広告制作会社にてグラフィックデザイナー、イラストレーターとして勤務 現在はゲームアプリのキャラクターイラストなど制作。

ピリカアートスクール講師
アクセサリーデザイナー 片山
愛知県立芸術大学美術学部彫刻専攻卒業 
愛知県立芸術大学美術研究科彫刻領域修了 
美術系予備校講師をしながら、絵画や立体、アクセサリーなどの制作をしています。 静物、人物、動植物、風景などのデッサンが主な分野です。

漫画、イラスト、水彩画のアドバイスも受けられます

デッサン力というのは、あくまでも基本ですので、多くの方は「理想の絵が描けるようになるために」 デッサン力を身につけたいのだと思います。

「水彩画がうまく描けるようになりたい・・・」

「漫画がうまく描けるようになりたい・・・」

という声にお応えして、デッサン、スケッチだけではなく、水彩画漫画の添削アドバイスも受けることが出来ます。

漫画スクールの講師によるアドバイスにより、漫画の添削アドバイスを行なっていただき、漫画の作品をどんどん描いて上達してください。

ピリカアートスクールのビジネスデッサン技能検定は、課題に指定したモチーフを描いて頂き、その作品に対して、「形を取る力」「陰影表現力」「描写力」などの各項目ごとに点数をつけ、あなたの画力をグラフで表示いたします。

このビジネスデッサン技能検定を受けることにより、あなたの画力は、どの部分が得意なのか不得意なのか明確になります。

そして、得意な部分はより伸ばせるように、また不得意な部分は意識的にトレーニングを取り入れていただくことで、より効率的に上達することが可能となります。

ビジネスデッサン

1日10分で上手くなるビジネスデッサン講座の目次はこちら

 

ビジネスデッサンのお申し込み方法

ビジネスデッサン
ビジネスデッサン

 

ビジネスデッサン

ビジネスデッサン
ビジネスデッサン
ビジネスデッサン

先着30名様【8月31日】までに
お申し込みいただいた方には!

ビジネスデッサン

ビジネスデッサン

多くの方は、あまり気にしていない重要なポイントというものがあります。
描き方は簡単なのに、なんでここを描かないんだろう・・・
このポイントを押さえるだけでガラッと絵が変わり、印象、雰囲気を伝えるようことができるようになる
【完成度がアップするポイント特別教材】をプレゼントいたします。

JTBグループ様主催にて100名以上の方にご参加いただき、 「ビジネスマン向けのデッサン講座」を開催いたしました。
参加者全員が、わずか60分で上達した 「あっという間にリンゴがうまく描けるようになる」デッサン講座の動画をプレゼントいたします!

「どうすればもっとうまく描けるの?」「これ以上、描き込むって、どうすればいいの?」
という受講生のお悩みを解決する大人気の【描き込み添削アドバイス動画】
描き込むポイントを松原美那子が丁寧に解説いたします!

 

ビジネスデッサンモチーフを見ても、どこから描けばいいのか?ポイントがわからない!
という受講生のお悩みを解決する大人気の【うまく見えるモチーフの描き方解説動画】
様々なモチーフのポイントを松原美那子が丁寧に解説いたします!

LINEでの問い合わせに対応しております

ビジネスデッサンは、高齢者の方もたくさん受講しております。中には、パソコン操作が苦手という方もいらっしゃいます。

そこで、ビジネスデッサン受講生の対応方法にLINEでの問い合わせにも対応いたしました。

「サイトの使い方がわからない」、「ログインできなくなった」

など、技術的なお問い合わせ内容につきましては、LINEにてお問い合わせいただけますので、ご安心くださいませ。

受講にあたっての注意事項

  • オンライン教材ですのでパソコン、タブレット、スマートフォンがないと受講できません。 簡単な操作のみですので、60歳以上の方も沢山受講されております。
  • ご自宅に郵送される教材はございません。 受講生専用サイトからすべての教材を閲覧することができますので決済確認ができ次第、受講開始することができます。

あなたもきっとうまくなる

この『ビジネスデッサン講座』は2010年に、デッサン初心者の方から、様々なジャンルのクリエイターの方の悩みの声をリサーチし、立ち上げた講座です。

今現在までに、述べ約8000名以上の方々に受講していただき、必要に応じて内容の改善も行ってきました。

また、添削掲示板には、実際に受講されている方々の上達の履歴が、膨大な数の作品とそれに対する添削アドバイスと共に残されています。

添削掲示板を見て勉強すること、これはどんなテキストをみて学ぶよりも、役立つ財産だと思っています。

また、完全個別で行う添削アドバイスでは、実際にあなたの作品を拝見し、レベルにあった内容のアドバイスをします。

これは、どんなデッサン本やDVDにも無いことであり、上達への一番の近道でもあると考えています。

誰しも自分のことは客観的に見ることができないものです。

また、誰にでも壁は訪れます。

そんな時に、あなたに寄り添って上達の手助けができたらと思っています。

初心者の方には初心者の方なりの、進め方があります。

中級者の方には中級者の方なりの、ステップアップのポイントがあります。

そして、上級者の方にも上級者なりの改善ポイントがあるものです。

専門分野の講師によるアドバイスが、あなたのデッサン力向上にきっとお役に立てるはずです。

もしあなたが、 「今でも十分満足のいくデッサン力がある」 そう感じているのであれば、この講座を受講する必要ないと思います。

しかし、少しでも

「こんな時に絵がかけたらなぁ」

「あの人みたいにスラスラ絵を描いてみたい!」

「もっと”描く力”を向上させて、 クリエイターとして、幅広く活躍していきたい!」

「自分の持つイメージを表現したい!」

そんな方のお手伝いをさせていただきたいと考えています。

そして、このビジネスデッサン講座を受講することによって、一人でも多くの方が表現する世界を楽しんでいただけるなら、本当に嬉しいと思います。

最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

また、お会いできる日を楽しみにしています^^

ピリカアートスクール代表 松原美那子