立方体や直方体をデッサンで描く時、あなたはどこから描いていますか?

 

さらっと描いている時は、さほど気にならない細かいところも、時間をかけてじっくり描いていくうちに、いろいろなところの違和感が気になり始めてしまうということ、皆さんにもあるのではないでしょうか?

 

ピリカアートスクールでは、基本モチーフとして、ダンボール箱のモチーフをご用意しています。

 

基本の直方体の描き方、きちんとポイントを理解しておくと、正確な形が描きやすいですよ。

 

今回は、基本の直方体の描き方を解説してみますね。

松原美那子のピリカアートスクール

皆さん「直方体くらい自分にも描けるはず!」と、意気揚々と描き始めるのですが、描き進めるうちに「バランスが良くないなぁ。」「見た目の感じが違うなぁ」「歪んで見えるぞ」・・・・こういった違和感が出てきたりします。

 

普段イラストを描いているという方でも、ポイントを押さえていないと、いざという時に混乱して「描けない・・・」ということもあるんです。

 

何となく描いても、うまく描けちゃいそうなのですが、確認するべきポイントは是非知っておいてください。

 

そうすることで、正確な形が描けているか?をチェックするきっかけにもなります。

 

漠然と描くよりも、イメージをしっかり持ちながら描く事で、迷いも減り効率よく描く事ができますね。

松原美那子のピリカアートスクールここでは受講生の作品を参考にしながら、描き方を解説していきます。

 

この絵、どこがヘンなのか、お分かりですか?

 

まず、しっかり描いていただきたいのは「垂直線」です。

 

参考資料をご覧ください。

松原美那子のピリカアートスクール

参考資料1・2では、「垂直線」を、ブルーのラインで示してありますので、確認してみてください。

 

これを基準にして考えていきましょう。

この「基準」を決めておく事で、迷った時にも安心です。

 

基準の垂直ラインを決めたら、次は「面」の大きさを見ていきます。

 

大きな面(ここでは向かって右側のB面)を描きます。
面を描く際には、まず大まかにアタリ線をつけます。

 

「f・h」の線を確認してみてください。

 

この2本の線を描く時に注目して欲しいのは、右奥に行くに従って、平行ではなく徐々に交わっていくということです。

 

資料3では交わる部分を「N」と示してありますが、このようにイメージを持ってから描く事で、よく有る「逆パース」になることを防げます。

 

因みに、逆パースとは、奥に行くに従って「f・h」のラインの幅が広がってしまうことです。

 

今回の作品にも当てはまる事なのですが・・・

言われてみたら、簡単なことでも、一部分に集中して描いていると、気がつかなかったりするんですね〜。

 

わかっているつもりでも、描いてしまう、逆パース・・・汗

 

しかし、この「N」のような集束点を知っておくことで、逆パースは防ぐ事ができるのです。

 

それから、ブルーの水平ラインに対して箱が「どのくらいの角度で置かれているのか?(hのライン)」を確認しましょう。

 

置き方の角度によって、箱の印象が変わってきてしまうので、この角度も結構ポイントです。

ここまで出来たら、次は 資料1の「i・k」のラインも観察していきましょう。

 

こちらも奥へ行くに従って幅が狭まっていき、最終的には「M」のように、一点で集束するイメージです。

 

そして水平ラインと「kのライン」の角度もチェックです。

そしてそして、最後は「上の面」です。

 

「i・j」と「e・f」も、それぞれ「M」「N」に集束していきます。

一辺だけでなく、必ずセットで確認するようにしましょう。

 

これらの辺や角度を、まずは間違いなく描くということを目指してみてみてください。

 

ココが整理されているだけで、それ程大きな歪みは発生しないはずです。

 

次に、大まかなアタリをとったら、縦の垂直ラインの位置を再度確認していきます。

 

一番初めに決めた「基準とする垂直ライン」の長さを基準に、側面の比率を測っていきます。

 

縦横どのくらいの長さかな?

 

鉛筆や測り棒などを使いながら、決めていきましょう。

松原美那子のピリカアートスクール

「やる事が多いな」と思われたかも知れませんが、慣れてくると同時に幾つもの事ができるようになります。

 

確認作業も効率よく瞬時に出来てきますので、ポイントを外さなければ、迷う事もなく安心です。

 

次に、明暗をつけていきます。

 

水彩などで色をつける時にもそうなのですが、色を置く時には「暗いところから」始めます。

明暗の差が現れてくると、立体感が感じられ、存在感が出てきます。

 

ただの平面の線から、急に立体的に感じられるようになるのです。

 

一番暗い面に色をつけたら、次に暗い面と、色をつけていきます。

 

この時忘れてはならないのが「テーブルに出来た影です」

光がどの方向から当たって、影がどこに生まれているのか。

これも確認必須です。

 

場合によっては、モチーフの側面よりも、テーブルの影の色の方が暗い色になる場合もあります。

 

必ず、一部分を描く時にも、広い視野を持って、全体のバランスを見ながら色をつけていきます。

 

初めは「明・中・暗」の3段階くらいに、色分けしていくと判断がしやすいと思いますので、やってみ

てください^^

 

それから、影の色をつける時には、鉛筆を動かす方向や角度にも注目しなくてはなりません。

 

絶対という決まりは無いのですが、より立体を強調するために、「垂直面は垂直に」「水平面は水平に」鉛筆を動かす事をオススメしています。

 

加えて、奥行きを出すためには先ほどの資料3「M・N」のように集束点に向かうイメージで、面に沿って鉛筆を動かすのも一つの方法です。

 

平面の紙の上に描いているので、意識的に立体を描き起こそうとすることで、リアリティが出てきます。

 

細かいところではありますが、一つ一つ丁寧に積み上げていきましょう!

 

基本の「直方体の描き方」は、いろいろなモチーフを描く中で活用出来ます。

 

例えば、大きな建物を描く時にも、おおよその形をイメージするのに役立ちます。

室内の風景を描く時、家具や小物を描く時、窓を描く時・・・。松原美那子のピリカアートスクール

それから、場合によっては人体の構造を理解する時などにも使えますね。

 

最後にポイントを復習しておくと・・・・

 

1、垂直ラインを決める
2、側面を描く
3、辺を描く時には集束点をイメージする
4、上面を描き加える
5、暗い面から色をつける
6、色をつける際には、鉛筆を動かす方向にも気をつける

 

こうやって書き出すと、たくさんあるようにも感じますが、整理して覚える事で、スムーズに描けるようになると思います。

 

しっかり理解しておくことで、迷う事なく描けるようになりますので、この機会に覚えてみてくださいね^^

 

一週間ほど、東京に滞在してきました。
美術大学時代の友人の個展にも行く事ができ、沢山刺激を貰ってきました!
頑張っている人達に会うと、自分も頑張ろうって思いますね^^

それからデッサン講座に新しい先生が加わります♪

 

改めてご紹介させていただきますね。お楽しみに〜☆

友だち追加
ピリカアートスクール
1日10分でデッサン力を身につけるビジネスデッサン&スケッチ術
まったくの初心者からプロの漫画家まで受講している
感動するほど丁寧な添削アドバイスだから確実に上達する!
ビジネスデッサン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事