今回は、たった一本の線の引き方で、ボリューム感が全く違って見えるというお話をしてみます。

 

これは、受講生の方が描かれた桃のデッサンです。
まずモチーフの画像をご覧ください

 

【画像①桃モチーフ】

松原美那子のピリカアートスクール

 

次に、鉛筆デッサンで描かれた作品の画像をご覧ください。
かかった時間は3時間半。

 

【画像①桃作品】

松原美那子のピリカアートスクール

 

なかなかうまく描けていると思いませんか?

ご本人のコメントは

「桃は簡単に描けるだろうと思っていましたが、時間がかかりました。 リンゴを描いた時に、質感が桃だと言われたので、今回はその時の感覚を思い出しながら描きました。 毎回のことですが、陰の書き方が難しいです。。」

余談ですが、こちらのデッサンを描かれた受講生は、水彩画を描く為に、ビジネスデッサン講座を受講されています。

 

ふわっとした桃の雰囲気が伝わってくるので、水彩のカラーで描いたら綺麗だなーと思いながら、作品を見せていただきました。

 

では、モチーフとデッサンの両方を比べると、改善点としてはどんなところが挙げられるでしょう?

 

今回は添削画像をUPしてみます!(担当は山田講師でした^^)

 

【画像③添削画像】

松原美那子のピリカアートスクール

 

まず、改善点①としては、暗い(濃い)部分は、もう少しはっきりと色をのせましょう。

暗さを置く事で、色幅が増やせます。

 

また、明暗の違いを出す事で、立体感も表現することができますね。
(光の方向を確認しながら、明暗の大きな流れを掴みましょう!)

 

それから、2つ目の改善点ですが、今回、皆さんにもお伝えしたい大切な部分です!

それは、中央に入っている「割れ目の線」です。

 

桃の特徴を表す重要な「線」ですが、「こんな感じ」と、さらっと描いてしまってはいけません。

 

添削画像の⑥をご覧ください。

たった一本の線の、ほんの少しの角度で、これだけ見え方が変化します!

 

よく、アウトラインの線は、ほとんど狂いなく綺麗に描けているにも関わらず、中身の「量感」がうまく表現できていない方がいらっしゃいます。

 

大きさが同じでも、中身の凹凸が違うと、印象が変わってきてしまいますから要注意です。

この2つの違い「見かた」ができてこないと、なかなか気付けないのですが、並べて見ると分かりやすいのではないでしょうか?

 

たった一本の線で、桃の膨らみ具合や、下の見えない面に向かって回り込んでいる様子を、同時に表現する事ができてしまうのです。

 

例えば、短時間で桃を表現するとなると、周りの輪郭線を描いて、その後この一本の割れ目の線を丁寧に描けていれば、ある意味「桃」らしく表現できてしまうのです。

 

ですので、丁寧に丁寧に描いてくださいね。

いかがでしたか?

 

他にも、アドバイスはありましたが、今回は一本の線の持つ意味を実感していただきたいと思い記事を書いてみました。

参考にしていただけたら嬉しいです♪

 

受講生の方は、基礎添削掲示板
【 No.2806  桃 】をご覧くださいね!

松原美那子のピリカアートスクール
1日10分でデッサン力を身につけるビジネスデッサン&スケッチ術
まったくの初心者からプロの漫画家まで受講している
感動するほど丁寧な添削アドバイスだから確実に上達する!
ビジネスデッサン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事