• 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月13日 添削アドバイス
    わずか6ヶ月で描写力が格段にあがった理由とは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年12月13日 デッサン&アート
    「美味しそう」ってどうやって描くの?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年12月6日 デッサン&アート
    「鉛筆を寝かせて描く」というのが上手く出来ません・・・
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年12月4日 受講生の声
    「添削に感動した!」という声を沢山いただきました
  • ピリカアートスクール人物の添削アドバイス
    2017年11月30日 添削アドバイス
    【人物の添削アドバイス】顔の印象を似せるためのポイントとは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月28日 デッサン&アート
    何故か気になるホウレイ線の話
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月24日 デッサン&アート
    あなたが一番魅せたいものは何ですか?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月22日 デッサン&アート
    Jazzとデッサンの共通点とは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月20日 受験対策
    【美大受験対策】何から手をつけたらいいのか分からないくらいデッサンが下手です。
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月15日 デッサン&アート
    「描く事が楽しい」という思考パターンにするためには
  • ピリカアートスクール人物の添削アドバイス
    2017年11月14日 受講生の声
    【ビジネスデッサン受講生の声】自分でも驚くほど絵柄が変わって嬉しかった!
デッサン力を身につける鑑賞の仕方

いよいよ10月に入りましたね。

 

芸術の秋。

 

美術館へ行ってみよう!と、展覧会情報をチェックしている方も、いらっしゃるかも知れませんね。

 

そこで、今回は「鑑賞の仕方」について、書いてみようと思います。

 

鑑賞というと、「歴史を学ばなくっちゃ」とか「私はセンスがないから〜」

 

何が良いか全然わから無いんです〜」なんて、つい思ってしまった方、案外多いのではないでしょうか?

 

大丈夫ですよー♪(^ ^)

 

近年の教育事情を伺いたくて、先日、私の小学校の頃の恩師にお会いしてきました。

 

30年近く経った今も、東京都内で図工の先生をされているのですが、実はここ10年程の間では「鑑賞」に力を入れるカリキュラムを組んでいるとのことでした。

 

鑑賞というのは

 

・モノや作品をみて、作者がどう感じているのか?

 

・自分が自分の経験と重ねて、どう感じるのか?

 

こういった点について、皆んなで意見を出し合うそうです。

 

「作者がどう感じているのか?」については、「作者はこんな風に感じていたんじゃないかな?」と思いを巡らせて見ることも楽しいですね。

 

子供であれば、大人以上に自由なイメージがどんどん出てくるかも知れません。

 

自由な発想に慣れてい無い場合は、作者本人のコメントやアーティストトークなどで直接考え方を聞いてみるのも面白いですし、

 

歴史的な背景や文化の違いによる解釈の違いについてなど、書籍や学芸員の方が解説してくれている場合もありますので、

そういったものを参考にしてみると、少しづつ見えてくる世界が広がってくるのではないでしょうか。

 

そして、もう一つの「自分がどう感じるか」については・・・【全て自由】です!

 

たくさん感じるモノがある場合、そうでない場合があるかと思いますが、それは、人それぞれの経験が違うからです。

 

自分の経験と照らし合わせて、きっとこんな風に感じて描いた作品なんじゃないかな?って思ったり、同じモノをみても、感じ方は人それぞれ。

 

だからこそ、他人の意見を聞くことで、「視野が広がる」という経験ができるのです。

 

一人の美術鑑賞も大好きですが、そういう意味では、誰かと意見を交わしながらの美術鑑賞も面白いですね。

 

自分の感じた気持ちを「言葉に出来る」ということ。

間違えも正解も無い美術だから出来ることだなぁと思うのです。

 

「鑑賞の仕方」なんていうと、「そんなもの必要無い!」というご意見が出てきそうですが、恐れずに、更にもう少し。。

 

「自分の気持ちがどんな風に感じたのか」

 

心の動きを観察するのにも、美術鑑賞が役に立ちます。

 

絵を描きたいアナタであれば、

 

「こういう絵に感動したな。」

 

「ああいう絵は好きじゃないな。」

 

「あの絵のあの部分、カッコイイから真似してみよう」

 

といった見方になるかも知れませんね。

 

因みに私は、画廊をしていた時の習性で、ついつい展示の方法に目が行ってしまいます・・・(笑)

 

「作品に対する額やマットの間の取り方や、素材、色のセンスがどうか?」とか、「壁に対する作品の配置バランスがどうか?」とか、「キャプションの位置」も気になりますね・・・

 

あと「光の当て方」も・・・(笑)

 

自分の作品展するんだったら、こんな展示の仕方が良いな。こんな額に入れて飾ったらどうだろう?

 

と、こんな見方もあるかも知れませんね。

 

日頃なかなか美術館に足が向かない・・・という方にとって、少しでも参考にしていただけたら嬉しいなーと思います

関連キーワード
デッサン&アート】の関連記事
  • デジタルとアナログの表現の違い
    デッサンを描く上での「デジタル」と「アナログ」の表現の違いとは?
  • デッサン力アップするピリカアートスクール
    「実物」をみて描くときのメリットとデメリットとは?
  • ピリカアートスクールでデッサン力アップ
    模写することで「自分にしか描けない絵」を描こう!
  • 名所江戸百景大はしあたけの夕立
    新しい視点を手に入れて、デッサン力をUPさせる方法とは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    デッサンの観点からジブリの「食べる」ことへの拘りを知る
  • 「右脳を使って描く」ってどういうこと?
    「右脳を使って描く」ってどういうこと?
1日10分でデッサン力を身につけるビジネスデッサン&スケッチ術
まったくの初心者からプロの漫画家まで受講している
感動するほど丁寧な添削アドバイスだから確実に上達する!
ビジネスデッサン


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。