• 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月13日 添削アドバイス
    わずか6ヶ月で描写力が格段にあがった理由とは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年5月23日 デッサン&アート
    子供にデッサンを教えるには、こんな方法から試してみてください
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年5月17日 デッサン&アート
    人物画でムーブメント(動き)が感じられるデッサンを描くために、一番初めにしておくべきこと
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年5月9日 デッサン&アート
    デッサンで使えるグレースケールの作り方から活用の方法までをお伝えします
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年5月4日 添削アドバイス
    デッサンで「眼の描きかた」「観察のしかた」を細かく解説します!
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年4月25日 添削アドバイス
    境界線をぼやかすのではなく、しっかり描く。デッサンするとき「線を描いてはいけない」と言われて、描くのに躊躇してませんか?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年4月18日 添削アドバイス
    デッサンをする時、たった「一本の線」で、桃の膨らみ具合だけでなく、底面の見えないところに向かって回り込んでいる様子までも、同時に表現できてしまうのです
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年4月11日 デッサン&アート
    石膏像にセンターラインを描いてみる
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年4月4日 添削アドバイス
    ゴチャゴチャっとした木の見かたとは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年3月22日 添削アドバイス
    立体を描く時の優先順位は?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年3月8日 デッサン&アート
    あなたは何を飾りたい?
松原美那子のピリカアートスクール

あなたが興味のあるものは、何ですか?

 

私は、美術予備校時代、入試での出題が予想されるモチーフを沢山練習しました。

 

その中でも「花」のモチーフを何度となく描いていましたが、当時、私の先生との会話の中で、印象的だった言葉があります。

 

「女性は花を描くのがうまいよね。男は花に興味がないから下手なんだよね〜」と・・・(笑)

 

その先生は「花を見て不気味だなって感じる」って、言っていました・・・(汗)

 

この言葉は、綺麗で美しい花を見て、こんな風に感じる人もいるんだ!と、花が身近で大好きだった私にとって、凄く衝撃だったので今でも覚えています。

 

因みに、私の主人も植物に興味があまりなく、どの種類の植物をみても「緑色の葉っぱ」という認識になるそうです・・・(笑)

 

勿論、男性でも上手な方はいらっしゃるので、そういう「傾向がある」という話なのですが、面白いな〜と思います。

 

でも、結局は、これって「興味があるものは、うまく描ける」という事かなと思うのです。

 

もう少し突き詰めて考えていくと、興味があるものは、目に触れるチャンスも多いし、良く観るし、細部の構造まで理解しているということですよね。

 

例えば、息子の友達で虫が大好きなお友達がいます。愛読書は昆虫図鑑(笑)

 

幼稚園生ですが、虫の絵がめちゃくちゃうまいです。

 

実際に捕まえてしっかり観察もしているから、構造もきちんと理解しています。

 

車やバイクが好きな子は、車やバイクの絵が上手です。

 

そればかり描いているから、ますます上手になります。

 

逆に普段から車やバイクに興味が無い人にとっては、これがどのように機能するための部品なのか?

 

なぜここにあるのか?

 

といった、構造に対しての知識が弱く、必然性がわからないので、平気でズレた場所に描いたり、細かい部分は面倒になって簡略してしまったり・・・(笑)

 

それでも、間違いに気がつかない。そんなものです。

 

人の興味は千差万別なので、描きたいものもそれぞれです。

 

やはり楽しんで「自分が描きたいものを描いてもらう」というのが一番良いスタンスかなと考えています。

 

勿論、基本のわかりやすいモチーフから入って、徐々にステップアップしていくことも大切なのですが、人によっては難易度の高いものでも、繰り返し描いていると、結構描けるようになってきたりしちゃうんですよね ♪

 

しかし、一度描いてうまく行かなくても、諦めずに「繰り返し描く」というのがポイントです。
そうしないと、なかなか体得しないので、上達も遅いです。

 

それから、理屈をしっかり学びたい「左脳派」の人には、基礎から積み上げていく方法が良いかも知れませんし、直感型の右脳派さんは、描きたいものを何度も描く中で、感覚的にこうしたら良いんだなと、体得していかれるので、「描きたいものを描く」というスタイルは、合っているかなと思います。

 

ご自分がどちらの傾向が強いのかを、おおよそでも知っておくと、モチーフ選びのヒントにもなるかも知れませんね♪

 

参考にしていただければと思います(^ ^)

デッサン&アート】の関連記事
  • 名所江戸百景大はしあたけの夕立
    新しい視点を手に入れて、デッサン力をUPさせる方法とは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    人物画でムーブメント(動き)が感じられるデッサンを描くために、一番初めにしておくべきこと
  • 屋島ドライブウェイのおばけ坂
    あなたの脳は騙されていませんか?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    Jazzとデッサンの共通点とは?
  • 彫刻家エディ・ロースの作品
    アウトラインは、複数の線と一本の線どちらで描いた方が良いでしょうか?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    好きこそものの・・・
1日10分でデッサン力を身につけるビジネスデッサン&スケッチ術
まったくの初心者からプロの漫画家まで受講している
感動するほど丁寧な添削アドバイスだから確実に上達する!
ビジネスデッサン


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。