• 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月13日 添削アドバイス
    わずか6ヶ月で描写力が格段にあがった理由とは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年4月25日 添削アドバイス
    境界線をぼやかすのではなく、しっかり描く。デッサンするとき「線を描いてはいけない」と言われて、描くのに躊躇してませんか?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年4月18日 添削アドバイス
    デッサンをする時、たった「一本の線」で、桃の膨らみ具合だけでなく、底面の見えないところに向かって回り込んでいる様子までも、同時に表現できてしまうのです
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年4月11日 デッサン&アート
    石膏像にセンターラインを描いてみる
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年4月4日 添削アドバイス
    ゴチャゴチャっとした木の見かたとは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年3月22日 添削アドバイス
    立体を描く時の優先順位は?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年3月8日 デッサン&アート
    あなたは何を飾りたい?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年2月28日 デッサン&アート
    好きこそものの・・・
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年2月21日 デッサン&アート
    うまくいかない時の解決策は?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年2月14日 デッサン&アート
    デッサンって何を学ぶの?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2018年2月8日 デッサン&アート
    絵で食べていくには、どうしたらいいですか?
受験対策用デッサン解説

小学校の先生になるには「小学校教員免許資格認定試験」を受験する必要がありますが2次試験でデッサンの実技があります。

 

そこで、実技のデッサン対策として講座を受講されている方に向けて、直近2年の出題問題から、試験対策を考えました。

 

ピリカアートスクールの受講生からのご質問内容についても、合わせて回答していますので、シェアさせていただこうと思います。

 

【小学校教員免許資格認定試験の過去問題】H27年度  鉛筆デッサン 白い紙の上の卵(想定描写)
H28年度  鉛筆による素描 銀色折り紙の上の紙コップ
試験時間は1時間。100点満点中60点以上で合格。【受講生からの質問内容】
デッサンと素描の違いがいまいちわかりません。 もしアドバイス等いただけるようでしたらお願いします。

まず、過去の試験問題を見ると、組みモチーフ(複数のモチーフが組み合わさっているもの)のようですが、この場合、描く前に構図をしっかり考える必要があります。

 

画面の中に出来るだけ、ゆったり配置するようにしましょう。

また、大きさのバランスを出来るだけ正確に描くことが大切です。

 

どちらかが大きかったり、小さかったりとアンバランスにならないよう、比率を確認することを忘れないように注意してください。

 

それから、目の前のモチーフを、モノクロに置き換えた時に、どのくらいの色をつける必要があるかを考えてみましょう。

 

慣れないうちは、携帯のカメラでモノクロに変換するなどして、イメージを持てるようにトレーニングすると良いと思います。

 

なぜこれをするかと言うと、画面全体の中で、鉛筆の色を付けるべき所にしっかり付けられるかどうかで、絵の印象が変わってくるからです。

 

鉛筆の扱いに慣れていないと、なかなか濃い色をつけることができなかったりしますが、濃い色を付けられないと、必然的に中間色(グレー)の色幅が減ってしまいます。(グラデーションスケールを作ってみると分かりやすいです。時間がなければテキストご参照ください)

 

また、ある程度完成のイメージがつかめていれば、怖がらずに一気に色を付けられるので、時間短縮にもなります。

 

まとめると、

 

・画面の中に出来るだけゆったり配置する
・大きさのバランスを出来るだけ正確に描く
・モノクロに置き換えたところをイメージし鉛筆の色をしっかりのせる

 

この3つになりますが、落ち着いてこれがしっかりできれば、有る程度バランスの良い絵になりますので、意識してみてください。

オススメなのは、過去問題のモチーフを描いてみること!

必ず一度は、過去問題に沿って実際にデッサンを描いてみてください。

 

今回であれば、まずは内容が分かっている、この2つのモチーフに取り組んでみましょう。

 

「白い紙の上の卵」

 

「銀色折り紙の上の紙コップ」

 

H27年度出題の「白い紙の上の卵」は想定デッサンとなっていますので、本来はモチーフを見ないで「想像しながら描く」という課題ですが、練習の際にはモチーフを用意して描いてみてください。

 

私の想像ですが、想定デッサンの出題意図は、「明暗を使って立体を表現出来るか?」といったところが見られていると思います。

 

何故かというと、光の当たる角度に対して、陰影がどのようにつくかは、「理論」を理解していれば、モチーフを見ずとも、有る程度描けるからです。

そして、モチーフ自体は、誰もが知っているシンプルな形のモノで、実際に見なくても描けるからです。

 

光はできれば一つの光源に絞った方が分かりやすいです。

その際、光源は左または右斜め上に想定すると陰影が描きやすいです。
(更に、右利きの場合は、左上から光を当てた方が通常は陰影を描きやすいです)

 

それから、構図に関しては、ここもまたとても重要なのですが、組み合わせが無限にあるため、ここでは割愛させていただきますが、この方には、添削の際に作品を拝見しながら「セオリー」をお伝えしています。

忘れてはいけない!制限時間について

 

それから、もう一つ重要な事。それは、制限時間をしっかり計るという事です。

 

今回の試験は制限時間が1時間です。

時間内で、ちゃんと描きあげる事が出来るのか?

 

場合によっては、時間が余ってしまうケースもあります。

時間内に構図を組むのであれば、構図を考える時間も必要です。

 

与えられた時間内で、最大限の完成度を出せるように、戦略を立てましょう。

「デッサン」と「素描」の違いについて

「デッサン」と「素描」、記載の違いがあると「何が違うのかな?」と、理由を考えてしまいますね。

 

いろいろな解釈があり、調べると細かく出てきて混乱されるかも知れませんが、今回の1時間の試験の中では、出来る事も限られますので、ここではどちらも同じと考えて良いと思います。

 

 ・デッサン=フランス語
 ・素描=日本語

 

という程度の理解で大丈夫だと思います。

(デッサン・素描・スケッチの違いについては、また別の所で書いてみたいと思います。)

 

小学校の先生は、いろいろな科目を担当するため、受験勉強も多岐に渡るのでは無いかと思います。

 

時間の無い中で、出来るだけ効率よく進められるように、すぐに使える要点を考えてみました。

 

実際には、作品を拝見し、どこまで描けるのかによって、学習する内容が変わってきますが、基本は上記の部分をまずしっかり押さえることからだと思います。

 

簡単なようで、結構大切なポイントですので、是非、取り入れてみてください。

試験当日も落ち着いて、力を発揮出来ますように!(^ ^)

受験対策】の関連記事
  • 受験対策用デッサン解説
    【受験対策用デッサン】小学校教員免許試験のデッサン試験対策を解説します!
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    【美大受験対策】何から手をつけたらいいのか分からないくらいデッサンが下手です。
1日10分でデッサン力を身につけるビジネスデッサン&スケッチ術
まったくの初心者からプロの漫画家まで受講している
感動するほど丁寧な添削アドバイスだから確実に上達する!
ビジネスデッサン


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。