• 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月13日 添削アドバイス
    わずか6ヶ月で描写力が格段にあがった理由とは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年12月13日 デッサン&アート
    「美味しそう」ってどうやって描くの?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年12月6日 デッサン&アート
    「鉛筆を寝かせて描く」というのが上手く出来ません・・・
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年12月4日 受講生の声
    「添削に感動した!」という声を沢山いただきました
  • ピリカアートスクール人物の添削アドバイス
    2017年11月30日 添削アドバイス
    【人物の添削アドバイス】顔の印象を似せるためのポイントとは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月28日 デッサン&アート
    何故か気になるホウレイ線の話
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月24日 デッサン&アート
    あなたが一番魅せたいものは何ですか?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月22日 デッサン&アート
    Jazzとデッサンの共通点とは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月20日 受験対策
    【美大受験対策】何から手をつけたらいいのか分からないくらいデッサンが下手です。
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    2017年11月15日 デッサン&アート
    「描く事が楽しい」という思考パターンにするためには
  • ピリカアートスクール人物の添削アドバイス
    2017年11月14日 受講生の声
    【ビジネスデッサン受講生の声】自分でも驚くほど絵柄が変わって嬉しかった!
松原美那子のピリカアートスクール

「顕在意識」と「潜在意識」ってご存知ですか?

 

人間の行動や考えは5〜10%の顕在意識と90〜95%の潜在意識からできていると言われています。

 

顕在意識とは、表面意識ともいい、普段自分で意識できているもの。

 

「今日はこれから絵を描くトレーニングをしよう!」と決めるのは、顕在意識です。

 

逆に潜在意識とは無意識のことで、「気がついたら、つい絵を描いていた」というような感じです。

 

人間は、普段の行動や考えのうち90~95%は、この「潜在意識」によってつくられています。

 

例えば、

 

「朝起きたら顔を洗う」とか、

 

「メガネをかける」とか、

 

「外に出る時には靴を履く」・・・・ などというように、

 

日頃、何も考えなくても生活の中で習慣化されて、無意識のうちにやっていることです。

 

要するに、毎日の行動や考え方の90~95%は、何も考えずに、「なんとな~くやっている」という事です!

 

さてさて、それは何となく分かったけども・・・

 

「頭では毎日やらなくちゃ」と思いつつも、

 

「なかなか毎日出来ないんです・・・」

 

という方は、 実際多いのではないでしょうか?

 

ではどうすれば良いかと言うと、とにかく「習慣化するまで繰り返す」ということです。

 

例えば、携帯のアラームをセットして、「鳴ったらとにかく一枚でもいいからドローイングを描く。」とか、

 

常に目につく場所、例えばテーブルの上などに「紙と鉛筆をセットした状態で置いておく」とか、自分がまずは「あっ!やらなくちゃ!」と、気が付いて取り組みやすいように、工夫してみてください。

 

奥の方にしまいこんでおいては、つい「後で」になってしまい、なかなか実行できません・・・。

 

しかし、繰り返し取り組んでいると、徐々に、毎日の行動パターンとして潜在意識に刷り込まれてきます。

 

そうです!何も考えなくても

 

「つい描いている」という状況になったら最高ですね!

 

それからもう1つ

 

「家でやろうと思うと眠くなってしまうんです〜」という経験はありませんか?

 

これは、過去の経験から脳が自宅を「休むところ・眠るところ」と覚えてしまっている場合があるからなんです。

 

ベッドやソファを見ると「つい」横になりたくなる。

 

とか、

 

家の匂いを感じると「つい」眠くなる。

 

などと、

 

頭の中で無意識に反応してしまっているのです。

 

これを変えるには、いつもと違う事をするのが良いのですが、例えば、いつもと違うアロマやお香を焚いてみたり、椅子に座る時に、わざと跨いで座ってみたり、

背もたれの無い椅子に座ってみたり、或いは床に座ってみたり・・・

 

こんな感じで工夫してみてください。

 

後は、良い季節であれば、外に出てスケッチするのも気持ちが良いですよ。

 

紙と鉛筆を持って散歩に出かけてみる。

 

「モチーフとして」景色や身の回りのものを観察してみる。

 

お店やさんで「モチーフ用として」「描くために」果物や花を買ってみる。

 

「描いてみたい」というモノを見つける事で、「描きたい気持ち」も膨らんできます。

 

こんな風に、自分のやる気の上げ方を工夫してみましょう。

関連キーワード
デッサン&アート】の関連記事
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    Jazzとデッサンの共通点とは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    「描く事が楽しい」という思考パターンにするためには
  • 屋島ドライブウェイのおばけ坂
    あなたの脳は騙されていませんか?
  • 名所江戸百景大はしあたけの夕立
    新しい視点を手に入れて、デッサン力をUPさせる方法とは?
  • 松原美那子のピリカアートスクール
    デッサンの観点からジブリの「食べる」ことへの拘りを知る
  • 「右脳を使って描く」ってどういうこと?
    「右脳を使って描く」ってどういうこと?
1日10分でデッサン力を身につけるビジネスデッサン&スケッチ術
まったくの初心者からプロの漫画家まで受講している
感動するほど丁寧な添削アドバイスだから確実に上達する!
ビジネスデッサン


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。