ピリカアートスクール

何のために絵を描くのか?何のために描きたいのか?

松原美那子
ピリカアートスクールの松原美那子です。
あなたにとって、絵って何ですか?

私は、美術大学を卒業しすぐに、ギャラリーの運営をはじめました。

それから、街中アートの企画をしたり、美術館でのワークショップをしたり、企業研修のサポートの仕事をしたりという時期もありました。

学生時代はカルチャー教室で人物モデル(ヌードモデルではありませんw)のアルバイトをした経験もあったり、振り返ると、今現在のデッサンスクールに至るまでも、アートの世界にどっぷりの人生です!

もちろん、大好きだから、続いている訳なのですが。 ^ ^

気がつけば、人生の半分以上、アートの世界にいます。

何のために絵を描くのか?

何のために描きたいのか?

理由は、人それぞれですが・・・

1万人近くの受講生をみていると・・・

人生をかけて、絵と向き合っている方に出会うことがあります

この方は、昨年から受講されているのですが、病気療養中の為、思うように体が動かないにもかかわらず、体調の良い時には、絵を描いて、ビジネスデッサンを受講されています。

実際のご病気がどれほど深刻なのかまではわかりませんが、いつもいただくメッセージは、とても丁寧で、暖かく、前向きで、真剣に絵と向き合っていることが感じられ、私も沢山の勇気をいただいています。

ご本人からのメールの一部をご紹介したいと思います。

本日、基礎デッサンの添削アドバイスを拝見しました。

いつもご丁寧にありがとうございます!

先生から頂いたアドバイスはプリントして、それを見ながら再度同じモチーフを描いて練習したいところなのですが…

今日は朝から体調が悪く、ちょっと起きているのもやっとの状態ですので、まずは御礼だけでもと思いメールをさせて頂きました。

そうですね、確かに先生が仰るとおり「観察する」こと自体が私は足りてない気がします。

途中で、「こんなもんか?」ぐらいに妥協している自分がどこかにいるのかもしれません。(私の人生のようだ…((遠い目)))

先生から頂いたアドバイスを元に、今後は少し「形」だけを正確に取る練習をしていこうと思いました。

33年もデッサンをしていなかったし、そもそもきちんとデッサンを習ったこともなかったのに、こんなに早く描けるようになるとは夢にも思っていませんでした。

病気療養中の為、思うように体が動かず日々のデッサンが出来ない日もあって口惜しい思いをすることが多々あります。

それでも前向きにやっていきたいと思えるのは、松原先生の暖かい応援や、他受講生さんの添削アドバイスを拝見している際に感じる先生方の熱意のおかげだと感じています。

まだまだ未熟な自分ですが、この1年間の間に自然に描くことが出来るようになるよう頑張りたいと思います!

スポンサーリンク

絵なんて、描けなくても人生で困らない

「絵なんて、描けなくても人生で困らない。」

「絵が上手いと、何が特なの?」

「絵が上手くて、食べていけるの?」

私自身が、人生の中で、何度も言われたことがある言葉です。

確かに、絵が描けたからといって、何が特ですよ!!なんてことは言えません。

でも、中には人生をかけて学ぼうとしている人がいる。

絵を学びたいと熱い思いをもったい人がいる。

私は、その人たちのために自分ができることを伝えていきたいと思いました。

他にも、以前震災があった時に、メールをいただいたことがあります。

震災のニュースを見て、いつ何が起きるか分からないから、
自分がやりたかったことをやろう。
そう考えたら、絵が描けるようになりたい。って思いました。

このメールをいただいた時にも、絵って不思議なものだなぁと思いました。

私はこのデッサン講座を通じて、いろいろな方の人生を垣間見て、沢山のことを考えるきっかけをいただいています。

松原美那子
私は、残りの人生も、きっと、ずっと、大好きなアートの世界にいると思います。(^ ^)
そして、絵が描けることに幸せを感じたいと思います。

 

あなたにとって、絵とは何ですか?

スポンサーリンク
友だち追加
ピリカアートスクール

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事